2016年7月27日水曜日

絶景なる世界遺産 5

The Great Scenery for the Future [Guanacaste]
未来へ残す壮大な景観 [グアナカステ]


南米コスタリカには火山地形からマングローブ林まで、多様な環境に恵まれるグアナカステの森があります。
ここには自然と生命がおりなす絶景があります。

コスタリカの北西部、およそ1500平方kmに渡って広がるグアナカステ保全地域。
この森は地形の関係で、山を挟み、熱帯湿潤林と熱帯乾燥林に分かれています。

グアナカステには、およそ20万種以上もの動植物が生息しています。
体長30cmほどのネズミの仲間、アグーチは中央アメリカから南に生息しています。
サンショクキムネオオハシもグアナカステに生息する鳥の一種。
ハナジロハナグマ、木登りが得意なアライグマの仲間。
多様な生態系を育む豊かな森です。

多様な環境が緑や数多くの生き物を育む、命あふれる絶景をDOVA-SYNDROME さん (http://dova-s.jp/)の音楽とともにお楽しみください。

この世界遺産の詳細は以下のとおりです。



グアナカステ保全地域《コスタリカ》
Area de Conservacion Guanacaste《Costa Rica》

http://whc.unesco.org/sites/928.htm

登録種別:自然遺産
登録基準:(ix) 陸上、淡水、沿岸、及び、海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生物学的、生理学的プロセスを示す顕著な見本であるもの;(x) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの〔科学上、または、保全上の観点から、すぐれて普遍的価値をもつ絶滅の恐れのある主が存在するものを含む〕
登録年:1999・2004

グアナカステ保全地域は、コスタリカの北西部、グアナカステ州とアラジュエラ州にまたがっている。グアナカステ保全地域は、火山地帯も含む陸域の104,000ha、海域の43,000haからなる。グアナカステ保全地域には、植物群落、絶滅寸前の種や珍種の宝庫。多様な生物相を保護するこの重要な原生地では、内陸性、海洋性の両方の自然環境での生態系の変化を見ることができる。その変化には、太平洋熱帯乾燥林の進化、推移などの過程や、また、ウミガメの産卵、サンゴの群落の移動などが見られる。2004年に陸域のサンタ・エレナ保護区(15,800ha)が登録範囲に含められた。
     ──『世界遺産事典 1007全物件プロフィール 2015改訂版』(シンクタンクせとうち総合研究機構)

シェア share