2017年10月20日金曜日

e・ART・h~地球の芸術作品~ 海 sea



beautiful birds 、e・ART・h 花 flowers (a) (b)e・ART・h 山 mountainsに続き、またwebneel.comさんの壁紙で作った作品です。

いくつもダウンロードしているうちに、「これって地球の芸術作品だよね」とはたと感じたわけですが、よくよく考えると“地球 EARTH”という単語には“芸術 ART”なるスペルが入っていることに気付いてつけたシリーズ名です。
「そういうことが伝わるかな~」と表記にもこだわってみました。
アルファベットを大文字・小文字で区別するだけでなく、欧文文字にはない「・(中点や中黒と呼ばれる記号)」をはさんで表記したんですが、いかがでしょうか。
(ちなみにサムネイル画像は使っているフォントも変えてます。)
かつての活版印刷では半角の「・」があったそうで、半角のものを使うと、間がつまってダラっとした感がなくていいんでしょうが、文字化けしては元も子もないので、ちょっとマヌケな感じがしますが、お許しを。
サムネイル画像はこれでもちょっと字間をつめたんですけどね。

また次回他の作品の解説を書きますが、シリーズ全作をご覧になりたい方はコチラからどうぞ。

ということで、今回はシリーズ第3弾、『海』です。
皆さんは地球上の海と陸地の比率をご存知ですか?
およそ海7:陸3、これは人間の身体の水分率ともほぼ一致しているそうです。
不思議ですね。
波の音を聞いていると、心が安らぐのも、胎児だったときに聞こえていた母親の心臓の音と似ているからという説もあります。
そんな海の写真を動画に仕立てました。
見てもらえばわかりますが、沖合いの海ではなく、あくまで陸地(浜辺)から見る海がメインになっています。

今回の動画には波の音は入れていませんが、波の音がメインの動画もあります。
↑その解説ブログはコチラ

音楽は hurtrecord さんの楽曲を使わせていただきました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
また次回お会いしましょう。
励みになりますので、よろしければコメントを残してくださいね。
「cocolo supplie ココロさぷり」

2017年10月11日水曜日

e・ART・h~地球の芸術作品~ 山 mountains


前々回の beautiful birds 、前回の同様 e・ART・h 花 flowers (a) (b)webneel.comさんの壁紙で作った作品です。

いくつもダウンロードしているうちに、「これって地球の芸術作品だよね」とはたと感じたわけですが、よくよく考えると“地球 EARTH”という単語には“芸術 ART”なるスペルが入っていることに気付いてつけたシリーズ名です。
「そういうことが伝わるかな~」と表記にもこだわってみました。
アルファベットを大文字・小文字で区別するだけでなく、欧文文字にはない「・(中点や中黒と呼ばれる記号)」をはさんで表記したんですが、いかがでしょうか。
(ちなみにサムネイル画像は使っているフォントも変えてます。)
かつての活版印刷では半角の「・」があったそうで、半角のものを使うと、間がつまってダラっとした感がなくていいんでしょうが、文字化けしては元も子もないので、ちょっとマヌケな感じがしますが、お許しを。
サムネイル画像はこれでもちょっと字間をつめたんですけどね。

また次回他の作品の解説を書きますが、シリーズ全作をご覧になりたい方はコチラからどうぞ。

ということで、シリーズ第2弾は『山』。
「世界の屋根」と言われるヒマラヤ山脈は海底だったってご存知ですか?
地球内部のマントルの活動で、プレートが動き、かつては巨大な島だったインド半島がぶつかった衝撃でできた山脈だそうです。
地震なんてもんじゃなかったんでしょうね。
スケールが壮大すぎて、人間の理解を超えています。
そのほかの山々もやはり、地殻変動により隆起したものがほとんど。
(中には宇宙からの隕石の衝突が原因のものもあるそうですが。)
つまりは、地球がみずから創り上げた究極の芸術作品と言えるのではないでしょうか。

最近日本では「山の日」なる祝日もできたことで、登山がちょっとしたブームになっているそうです。
山の頂上は空気が澄んでいるので、胸いっぱいに吸い込む酸素は格別。

岩だらけの山も、木々が生い茂る山も、雪に閉ざされた山も、それぞれに個性的。
季節によっても見せる表情が違うんでしょうね。
そんな感じを受け取ってもらえたらいいんですが。

音楽は purple-planet さんの楽曲を使わせていただきました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
また次回お会いしましょう。
励みになりますので、よろしければコメントを残してくださいね。
「cocolo supplie ココロさぷり」

2017年10月6日金曜日

e・ART・h 花 flowers

【癒し HEALING】e・ART・h 花 flowers (a)

【癒し HEALING】e・ART・h 花 flowers (b)

前回の beautiful birds 同様、webneel.comさんの壁紙で作った作品です。

いくつもダウンロードしているうちに、「これって地球の芸術作品だよね」とはたと感じたわけですが、よくよく考えると“地球 EARTH”という単語には“芸術 ART”なるスペルが入っていることに気付いてつけたシリーズ名です。
「そういうことが伝わるかな~」と表記にもこだわってみました。
アルファベットを大文字・小文字で区別するだけでなく、欧文文字にはない「・(中点や中黒と呼ばれる記号)」をはさんで表記したんですが、いかがでしょうか。
かつての活版印刷では半角の「・」があったそうで、半角のものを使うと、間がつまってダラっとした感がなくていいんでしょうが、文字化けしては元も子もないので、ちょっとマヌケな感じがしますが、お許しを。

また次回他の作品の解説を書きますが、シリーズ全作をご覧になりたい方はコチラからどうぞ。

ということで、シリーズ第1弾は『花』。
私たちが住むこの星をさまざまに彩り、目を楽しませてくれますね。
いろんな色、形、種類の花があって、さらには個々に違った表情を見せてくれるので、癒しを感じる人が大多数でしょう。
それぞれの花のエネルギーを水に転写した「フラワー・エッセンス」なるもので、心と身体のケアをするという治療法もあるようです。
香りを抽出したアロマオイルも人気ですね。
切花として観賞目的だけでなく、「エディブル・フラワー(直訳すると食べられる花)」はその名のとおり、サラダなんかに添えて、食卓の“花”にもなります。
日本でも昔から菊の花のおひたしなんかありましたし、刺身に小菊が添えられていたり。
リラックスの代名詞ともいえるお茶にも、花を使ったものが多いのもうなずけます。
見るだけでなく、香りやエネルギーで、私たち人間を総合的に癒してくれる存在なんですね。
そう思うと自然と感謝の言葉が出てきます。
ありがとう。

まあ、動画では香りやエネルギーまで伝えられないので、見るだけになってしまいますが。

音楽は、もう「cocolo supplie ココロさぷり」ではお馴染み?のDOVA-SYNDROMEさん。
haya(ハヤ)さん作曲の『その手に花を』という曲を使わせていただいてます。
この場を借りて、お礼申し上げます。

ディジタルの映像ではなく、時には実物を眺めてみてくださいね。
きっとパワーがもらえますよ。
何も買わなくても、見渡せばたくさん見つかるはずです。
近所の鉢植えや公園の花壇、道端にもけなげに咲いていますから。
ちょっと急ぎ足を休めてみるのもいいもんですよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
また次回お会いしましょう。
励みになりますので、よろしければコメントを残してくださいね。
「cocolo supplie ココロさぷり」



2017年9月28日木曜日

beautiful birds


何故か日々やることがたくさん出てきてしまい、ブログの更新が後手後手になってしまっています。
すみません。
この動画の投稿はもうずいぶん前でしたね……。
日付を見てちょっと愕然としてしまいました……。

動物による癒し動画です。
ひとくちに動物といってもいろいろな種類がいますが、今回はズバリ鳥です。
南国?の色鮮やかな鳥たちの写真を集めました。

その羽や姿はとても綺麗なのに、目がちょっと怖いんですよね、彼ら。
眉毛やまぶたがないからでしょうか。
ガラス細工みたいで生気を感じないから?
こんな印象を持っているのは「cocolo supplie ココロさぷり」だけなんでしょうか。

んー、でも、「怖い」といっておきながら“癒し”になるのかちょっとギモンに感じてきました。
まぁ、よしとしましょう。
動画は完成してるし、もう公開もしてしまってるんですから。

写真はwebneel.comという壁紙などを集めたサイトからダウンロードさせていただきました。
はい、パソコン用の壁紙で作ったというわけです。
だって、壁紙ってエラく綺麗なものが多いじゃないですか!
使わないなんてもったいない。

音楽はクラシックの名曲に小川のせせらぎをMIXしてみました。
どちらも写真などをよく使わせていただいているAC WORKSさんの提供ですが、試供品なんでしょうか。
以前はたびたび(といっても数回ですが)音楽素材もあったんですがねぇ──。
たまたま企画を持ち込まれただけのハナシなんでしょうか。









2017年9月20日水曜日

1/f sound of rain, 1/f sound of wave

【癒し HEALING】1/f sound of rain

【癒し HEALING】1/f sound of wave

自然界には直線同様、完全に規則的なリズムは存在しません。
一定のリズムのようで、微妙に不規則なものを“1/fゆらぎ”といいます。
人間も自然の一部であると考えれば、このような自然本来のリズムに心地よさを感じるのも理にかなったものとして納得できてしまいます。
メロディ、リズム、ハーモニーといった、いわゆる音楽の3原則ではない自然の音──雨の音、波の音をBGM?として作った動画です。
そんな自然の音を美しい画像とともにお楽しみください。

何かに集中して取り組むときにも邪魔にならない音です。
(ただし、画像を見ながらというのはあまりオススメできないので、音だけ聞いてくださいね。)
特に雨の音は胎内で聞いていた母親の心臓の鼓動の音に似ているそうですよ。
その記憶からか、リラックスには効果絶大ですね。

雨や波の音、風のリズム以外にも手工芸品からも、この“1/fゆらぎ”を感じるそうです。
よろしければ、「wa-gocolo zacca 和ゴコロざっか」の手まりアクセサリーのページもご覧くださいね。
外国人に喜ばれるかも。
ご購入いただいた方にはプレゼントがある?
工業製品では味わえない素朴さを感じてみませんか。

2017年9月17日日曜日

手作りスマホピアス/チャーム、販売中

癒し系動画をお届けしている「cocolosupplie ココロさぷり」の姉妹チャンネル「https://goo.gl/XkZufY」では、日本文化に関する動画を公開していますが、動画だけに飽き足らず(?)、スマホアクセサリーを販売することにしました!
その名も「wa-gocolo zacca 和ゴコロざっか」。
覚えてくださいね。
動画ともども、よろしくお願いします。

古都・加賀などに伝わる伝統工芸の手鞠(てまり)をちっちゃく、現代風にアレンジしました。
スマホのイヤホンジャックに差し込むタイプのアクセサリーです。
和テイストの小物で日常生活に彩を添えてみませんか?
スマホ以外にも、同じサイズのジャック穴を持つ機器に取り付けられます。
ジッパー(ファスナー)につけてジップチャームにしたり、紐やチェーンをプラスしてバッグチャームにしたり、または、お手持ちのチェーンや革紐につけてペンダントにしてみたり──。
てまり本体にナスカン(フック)がついているので、アイディア次第でいろいろな場所につけられます。
★☆★中古品ではありません!!★☆★
手作り1点モノなので早いもの勝ちですよ。

サイズは直径3cmにも満たないものが多く、ころろんと揺れる姿が情緒的。
外国人へのプレゼントにも喜ばれるかも。

現在以下のものを販売中です。

(画像をクリックすると詳細がご覧いただけます。)

























2017年9月16日土曜日

リラックスできる呼吸法 RELAXING BREATHING


更新がほぼ1ヶ月ぶりになってしまいました、すみません……。

今回の動画は、いわゆる「ハウツー how to」ものです。
といっても、呼吸法のご紹介なんですが。
4秒で鼻から吸って、4秒止める、8秒かけて口からゆっくり吐き出す。
これを繰り返すことで身体と精神をリラックスさせるという、ハーバード大学での研究に基づくものです。

時間の経過がわかるように、インジケータっぽく作りました。
吸い込むときには青い水の写真、止めるときは赤の花、吐き出す際は緑。
これ、実は光の3原色と言われています。
テレビやYouTubeなども、この3色を一定比率で混ぜることで、さまざまな色を作り出しているんです。
一方、インジケータに使用している色は、イエロー・シアン・マゼンタ。
この3色は印刷するときの3原色です。
光の3原色はすべて混ぜると白になりますが、印刷の3原色は混ぜると黒(理論上なので実際には汚い濃茶色)になり、おたがいまったくの対極にある色なんですよ。
Photoshopなどのフォトレタッチソフトを使っている方はご存知だと思いますが、青⇔イエロー、赤⇔シアン、緑⇔マゼンタといった対応の仕方です。

音楽(といえるかどうか)は完全オリジナルです。
作曲ソフトを使って作りました。
(って、単なるスケール(音階)なんですけどね。)

1回の呼吸が16秒(各呼吸間にインターバルで2秒あけて作っています)なので、1分間に約3回、この動画を全部見ると24回(7分強)深呼吸ができる計算です。
おそらく1回の視聴でリラックスできると思いますが、足りなければ繰り返してご覧ください。
ただし、寝る前にはなるべく見ないほうがいいと思います、テレビやPCモニター、スマホなどの光は脳を興奮させるようなので。
(ちょっと矛盾してますが──。)










シェア share