2016年7月10日日曜日

黄昏の世界遺産 2

武夷山の夕陽 Sunset on Wuyi shan


豊富な水の流れと切り立つ断崖が山水画のような風景を生み出している武夷山(ぶいさん)とは、面積1000平方kmの広大な山系の総称で、およそ6千万年以上前に起きた地殻変動で造り出されたものです。
九曲渓(きゅうきょくけい)と呼ばれる曲がりくねった水の流れと、両岸にそびえる変わった形の山々(風雨の浸食による奇岩)が絶景をつくりだしています。
この風景は、山水画のように美しいことで知られ、目の前に広がる雲海、山と水の一体感、まるで仙人の世界に迷い込んだかのような風景が広がります。
中国人に一生に一度は訪れたいと思わせる景勝地だそうです。

刻々と変わりゆく山水の世界に色を添える夕陽の光景を、DOVA-SYNDROME さん (http://dova-s.jp/)の音楽でお楽しみください。

この世界遺産の詳細は以下のとおりです。


武夷山《中国》
Mount Wuyi《China》

http://whc.unesco.org/en/list/911

登録種別:複合遺産
登録基準:(iii) 現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または、少なくとも稀な証拠となるもの;(vi) 顕著な普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または明白に関連するもの;(vii) もっともすばらしい自然的現象、または、ひときわすぐれた自然美をもつ地域、及び、美的な重要性を含むもの;(x) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの〔科学上、または、保全上の観点から、すぐれて普遍的価値をもつ絶滅の恐れのある主が存在するものを含む〕
登録年:1999

武夷山(ウーイーシャン)は、福建省と江西省とが接する国家風景名勝区にある。「鳥の天国、蛇の王国、昆虫の世界」と称され、茫々とした亜熱帯の森林には、美しい白鷺、猿の群れ、そして、珍しい鳥、昆虫、木、花、草が数多く生息しており、1979年には国家自然保護区、1987年には、ユネスコの「人間と生物圏計画 NBA」の生物圏保護区に指定されている。また、脈々とそびえる武夷山系の最高峰の黄崗山(2185m)は、「華東の屋根」とも称されている。武夷山は、交錯する渓流、勢いよく流れ落ちる滝、水廉洞の洞窟の風景もすばらしく、玉女峰が聳える九曲渓では、漂流を楽しむことも出来る。また武夷山中には、唐代の武夷官、宋代の朱子学の開祖、朱憙(朱子)が講学を行った紫陽書院なども残っている。武夷山は、ウーロン茶の最高級品として名高い武夷岩茶の産地としても有名である。
──『世界遺産事典 1007全物件プロフィール 2015改訂版』(シンクタンクせとうち総合研究機構)

シェア share