2016年12月16日金曜日

マザー・テレサのメッセージ


イエス・キリストに生涯を捧げた女性、マザー・テレサ。
彼女が残した言葉の数々を10本の動画にしました。
その言葉はさすがに宗教色の強いものが多いのですが、少し視点を変えてみると日常生活でも十分に通用するものが多いと思います。

平和を切に願った心にしみいるような彼女のメッセージ、合わせた音楽はHURTRECORDさん(www.hurtrecord.com)。
もう何度も使わせていただいていますが、ここに登録の作曲者の作品はcocolo supplie ココロさぷりの琴線に触れるものが多いような気がします。
著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

写真はAC WORKSさん。
写真に限らず、イラストシルエットなどの高品質なデザイン素材を、太っ腹にも無料で提供してくれる便利なサイトです。

以前、iPhone用の壁紙画像で動画(⇒https://youtu.be/-0a2AA9o3sY、ブログはまだです。AC WORKSさんの作品ではありません)を作った際、縦位置(縦長の画像)だと余白が多く、引用にしたほうがいいと思ったので、今回は縦位置の写真にしました。
マザー・テレサの言葉は文字数も多いものが多数だったので、いいバランスになったと思います。

タイトル画面に用いた写真はAC WORKSさんではなく、ウィキペディア(By Túrelio, CC BY-SA 2.0 de, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2246938)から拝借しました。
肖像写真を手に入れる前に、背景のデザインをしていたんですが、図らずもマザー・テレサの着ている修道服と同じ色合いになって、ビックリ。
偶然なのか、必然だったのか、きっと神様のお導きなんでしょうね。

さて、そのマザー・テレサの生涯の概略を見てみましょうか。

マザー・テレサ Mother Teresa

1910.08.27生~1997.09.05没
アルバニア系のカトリック修道女。フルネームBlessed Mother Teresa of Calcutta。本名Agnes Gonxha Bojaxhiu。マザーテレサ、カルカッタのテレサ、Blessed Teresa of Calcuttaとも呼ばれる。インドのカルカッタの最貧民や遺棄されて死に瀕した病人、老人、子供のため献身的な活動を行なった。現代における最も徹底した愛の使徒として知られる。1928年インドに渡り、ロレット会の修道女としてカトリック系女子高校で教えたが、1946年修道会を出てスラムで働く。1950年厳しい清貧を守りつつ悲惨な境遇の人々に奉仕する「神の愛の宣教者会 Order of the Missinaries of Charity」を設立、1965年からは活動をインド国外にも広げ、1978年には同系の男子修道会が東京都台東区に支部を置いた。1952年「死を待つ人の家 Place of the Pure of Heart」、ハンセン病患者のための「平和の村 Town of Peace」設立。1971年にヨハネス23世教皇平和賞、1979年にノーベル平和賞受賞。1981、1982、1984年日本訪問。世界の宗教者平和会議WCRPなどで講演し、生命の尊厳とそのための施設づくりを提唱した。2003年、異例の早さで福者となった。
──『ブリタニカ国際大百科事典』
※2001年から地名の“カルカッタ”は“コルカタ”に改められています。

このページ冒頭の動画は、10本の動画をまとめて見られるように再生リスト設定をしてあるものです。
「1本ずつ見たい」という方は以下のリンクからどうぞ。
https://youtu.be/cbTgJNZzWkk
https://youtu.be/2SiChAt7u6I
https://youtu.be/1mANzCAc9NA
https://youtu.be/mZXxacv8D0g
https://youtu.be/yQBk_rTBqTU
https://youtu.be/ILnynFlOnwo
https://youtu.be/rzJJhxqOYuE
https://youtu.be/EHtMp2HY4ik
https://youtu.be/ikEp8RIU1Gk
https://youtu.be/SHWa2M5j7RQ










シェア share